現代の様々な最新機器を知る〜精密機械は繊細〜

データの復旧

HDDは壊れることが当たり前

まず始めに断定しますが、HDDは壊れる機械です。消耗品として認識して置かなくてはならない機械なのです。しかし、一般的にHDDを壊れる事を前提にしたシステムは多くありません。普通に量販店で買ったパソコンに、データ保護の為にRAIDが用いられることなどはほとんど無いのです。ですから、大切なデータの保護にはユーザー自身が注意する必要があります。にも関わらず、多くの人がHDDが壊れかけてから慌てて対処を始めているのが現状です。壊れたHDDにはデータ復旧などの手段もありますが、これは最後の手段と言って差し支えありません。まずは、データ復旧に頼らなくても良いように、しっかりとバックアップなりRAIDなりの対策が必要です。

技術に信頼できる業者を

ではもしデータ復旧に頼らざるを得ない状況になってしまったとしたらどうでしょう。この時点で、データを回収する事は半分は諦めてください。HDDの故障とは、何かがちょっと動かなくなった程度の故障ではないのが大半です。しかし、何割かはデータの読み出しが可能な場合はあり得ます。この場合に限り、データ復旧サービスは通常のアクセスでは読み取れなくなったデータを回収してくれるのです。どうしても必要なデータが読み取れなくなった時、最後の手段としてデータ復旧に頼るのは無駄ではありません。ただし、それ相応の金額と覚悟が必要だということです。また、業者を選ぶ際には慎重に後悔しないよう選ぶことも大事です。HDDのデータ復旧には分解の工程が入ります。二度目がないのです。技術に信頼できる業者を慎重に選んでください。